年会費無料のクレジットカードの選び方 その1

クレジットカードが必要かどうかは、そのクレジットカードの基礎体力をしっかり分析するとわかります。その目安となるのが汎用性やコスト(年会費)、サービスのレベルになります。これらの3つのレベルでみればクレジットカードの中身がわかります。

今、持っているクレジットカードのデザインがカッコ良くても、年会費無料のカードでも実際に利用できる店舗が少なければ宝の持ち腐れになります。利用できる加盟店の数が多く、持っているクレジットカードが全国どこでも使えるというのは便利であり、大きな安心感につながります。国内ではそれほど感じなくても海外に出ると、特に気になると思います。

クレジットカードの「コスト」については、年会費無料(初年度のみ年会費無料と年会費永久無料の2種類に分かれています)のものから年間数万円のものがあります。クレジットカード会社は、この年会費で明細書を発行したり、盗難保険料に当てたり、数多くのサービスを提供したりしています

重要なのは年会費に相当するだけの、いえ、それ以上のサービスを利用者が受けられるかどうかになります。つまり、自分にとって必要性の高いクレジットカードを持つのが正 しいといえます。同じクレジットカードを持つのなら費用対効果を考えて持つようにしたいですねっ!

次に「サービス」についてですが、銀行系、信販系カードには100種類を超えるサービスがあります。その中身をのぞくとキリがありません。同じ内容のサー ビスをうたっていても中身が全く異なることも多々ありますので、資料に書かれているからといって安易に信用してはいけません。しっかり吟味することも大切 です。

よく言われるのが自分の所有するクレジットカードのサービスが、すぐに3つ思い浮かべばOKだと言われています。例えば、「年会費永久無料、ホテル割引宿泊、傷害保険○○万円」といったようなサービスです。