クレジットカードを利用するまえの注意点

今の日本の社会では、クレジットカードは毎日の生活の中で必要不可欠なものとなっています。クレジットカードは、しっかり管理しいないと第三者に使われてしまうことがあります。そこで、クレジットカードを利用するまえの注意点をまとめてみました。

■クレジットカードはカード会社から借りているものだと認識する

クレジットカードは、自分の信用に基づいてクレジットカード会社との契約によって、クレジットカード会社から一定期間借りているものです。
よって、第三者はもとより、たとえ家族といえども、クレジットカードを貸したり、譲ったりすることはできません。
クレジットカードを貸した責任は、すべて自分自身の責任となります。

[重要]
クレジットカードの裏面には必ずサインをしておきましょう。
サインのないクレジットカードは使えません。また、本人以外の利用もできません。
サインをしていないと、万一不正使用された場合の損害は補償されません。

■お客様控えはしっかり保管する

クレジットカードで買い物をした時や、キャッシングサービスを利用した時に受け取るお客様控えは、その場に捨てたりせずに、しっかり保管しておきましょう。
クレジットカード会社から送られてくる請求書の内容をチェックするのに必要なものです。
また、お客様控えや請求書には、クレジットカード番号などの重要な情報が記載されていますので、不要となった場合には、必ずシュレッダーなどで裁断して捨てましょう。
最近は、偽造クレジットカードによる不正使用の被害が増えています。
使った覚えのない請求がきたら、すぐにクレジットカード会社に連絡しましょう。

■クレジットカードの暗証番号は他人に知られないようにする

クレジットカードにもキャッシュカード同様に、暗証番号があります。
暗証番号は、キャッシングサービスを利用する際などに必要となり、他人に知られてはならないものです。
クレジットカードの暗証番号は、誰であろうと絶対に教えてはいけません。
暗証番号を電話番号や生年月日などにしていると、簡単に知られてしまうことがあります。
クレジットカードの暗証番号は、自分にしかわかわない番号を考えましょう。
電話番号や生年月日を暗証番号にしている場合は、変更するか、それらが記載されている運転免許証などと一緒に財布などに入れないようにしましょう。
暗証番号が分からなくなったり、変更したい場合は、手続きが必要ですので、クレジットカード会社に連絡しましょう。

■クレジットカードの紛失・盗難にあったらすぐ連絡しましょう

クレジットカードの管理には、十分注意しましょう。
紛失や盗難にあったクレジットカードを第三者に不正使用される被害が後を絶ちません。
万一、クレジットカードを紛失したり、クレジットカードの盗難にあってしまった際には、不正使用を防ぐために、できるだけ早くクレジットカード会社に連絡しましょう。