クレジットカードは専業主婦でも作れるのか?

クレジットカードは、返済能力を重要視されますので年会費無料、有料に関係なく原則的に収入のない人には発行はされません。では、学生や主婦など無収入の人がクレジットカードを持つにはどうしたらいいのでしょうか?

今では学生向けの専用カードや女性専用の年会費無料のクレジットカードも出てきましたので、無収入の主婦の方でも自分名義のカードが作れます。裏技として、1つ覚えておきたいのが家族会員になることです。

ほとんどのクレジットカードは本会員カードとは別に、家族カードが設けられています。家族カードで使った分はすべて本会員の銀行口座から引き落とされるしくみになっています。

たとえば、夫や父親のカードの家族会員になれば入会を断られることもなく、簡単な手続きでクレジットカードが持てます。家族会員は年会費も割安で、カード会社によっては無料のところもあり、本会員の3分の1程度で済みます。

しかし、未成年の場合はクレジットードは作れません(原則として、中学生や18歳未満の高校生は持てないことになっています)。また、家族カードでの利用は本会員の口座から引き落とされますので、利用限度額の範囲内に限られてきます。

父親、母親、子供の3人で使うと、すぐに限度額に達してしまう可能性がありますので、使い過ぎには十分に注意しましょう。さらに、利用明細はすべて本会員のカードに付記されてしまうので、秘密の買い物もなかなかできません。つまり、旦那さんに内緒でブランド品を購入してもバレるのです。

一方、家族カードの特徴は簡単にカードが持てるということばかりではなく、ポイントの蓄積が早いという点にあります。家族で使った分が、全て蓄積されますので、すぐに貯まります。だからガソリンの割引や無料航空券を狙うには、家族カードはもってこいになります。

ボーナスポイント期間にはポイントが倍になったり、入会時や誕生月、ホテル宿泊などのときにも2〜10倍ものポイントが付く場合がありますので、それを家族全員で十分に使いこなせば、国内の無料航空券も手に入れることができますので上手に活用しましょう。